• 群馬県高崎市のコワーキングスペース・シェアオフィス・バーチャルオフィス
  • 027-386-3373
  • English

今回はSomethin’ ELSE・店主による「コワーカーのライフハック」です。

最近、テレワークの普及とともにZoom等を使ったネット会議が一般的になっています。
パソコンと通信環境さえあれば、いつでも、どこでも手軽にコミュニケーションが可能になりました。
コワーキングスペースユーザーも、フリースペースの一角でひそひそとパソコン画面に向かって話しかけている場面をよく見かけます。

そんな時に気になるのが、音漏れと情報漏れ。前者は周辺のユーザーに影響し、後者はネット会議をやっている当人が気を付けなくてはいけない課題です。

スペースの対応方針としては、長時間になりそうなネット会議や複数人が参加する場合は、会議室を使っていただくことにしております。
同時に、一人でも気軽に使えるテレフォン・ネット会議ブースを設置したらどうかと、しばらく前からいくつかの商品を比較検討してきました。

しかしながら、防音・吸音効果や換気性能を考えると最低でも1台数十万円からの投資になりそうなので、若干躊躇をしておりました。YAMAHA製の本格的防音ブースは、最小サイズでも税別580千円から必要になります。

そんな時に貧乏店主は…

  1. 中古やDIYで調達すればコストを↓できる?
  2. 他の利用方法も考えれば売上を↑できる?

という2つの方向で仮説を立てます。

今回は「1」の方向では限界がありそうなので、「2」の、テレフォン・ネット会議以外の利用を考えてみようと思っていました。

そんな時店主の目に飛び込んできたのは、株式会社グッドアピール社の誰でも簡単に楽器をマスターできる教材シリーズで、サックスの持ち腐れ状態にある店主が注目したのは下記の教材でした。

長年にわたり「いつの日にか」と思いながらも仕事が忙しいことを言い訳にして押し入れの奥にしまっていたアルト。

今始めなければおそらく死ぬまでやらない、という直感がやってきたので、個人的にチャレンジしてみようと思います。

すると次に必要なのは練習場所ですが、コワーキングスペースの一角に楽器練習もできる防音ブースがあればサックスだけでなくギターや弦楽器、ドラム程度の練習ニーズに応えられるのではないかと思い、今回は、

テレフォン・ネット会議ブース+楽器練習のためのレンタルブース

で収支計算をしてみようと思います。

「いつの日か必ず」と思ってきたアルトサックス、コワーキングスペースとしての新規ユーザー開拓。

2つの課題が同時に解決に向かうとハッピーになれます。

それとも店主の思いは結局’Someday never comes’に終わるのでしょうか?