Contact

お問合せ

コロナ疲れ解消!『整体枕』で睡眠の質を改善|コワーカーのLH#15

コワーカーのライフハックをしばらくご無沙汰している間に、すっかり「新型コロナウィルス」が世界を席巻し、2020年は激動の年になっています。 政府が発表している「新しい生活様式」に則って、働き方にも大きな変化がありました。

テレワークや時差通勤、会議もオンラインが通常になるなど… 対面での打ち合わせが今までと同じように出来ないことで、ストレスを感じている方も多いのではないでしょうか。 「自分もいつ感染するかわからない」という不安もストレスになりますしね。

長時間に及ぶ在宅でのデスクワークは、肩こり、腰痛、頭痛、むくみなど、様々な症状を引き起こすこともありますね。
活動量の低下や不規則な生活により、睡眠の質が低下している方も多いかもしれません。

睡眠の質を改善させるには、

  • 就寝3時間前には夕食を済ませる
  • ぬるめの入浴でリラックス
  • リラックスできる音楽を聴く
  • 生活サイクルを整える
  • 室温・光で心地よい空間を作る
  • 自分に合った寝具を使う

などの方法がありますが…。

今回は睡眠の質を改善し、不快な症状を改善してくれる枕をご紹介します。

ゴッドハンド整体師の作った『整体枕』

肩こりや腰痛、頭痛、冷え、むくみなど、様々な症状は身体の「ゆがみ」がもたらすそうです。そして、そのゆがみを解消する根本的な鍵が「頸椎」にあり、頚椎に対して『まくら』が大きく影響するということです。

人の身体は、実は常に動いています。そして動きながらバランスをとっています。逆に身体が自由に動けず、バランスを取れなくなると、ゆがみが起こってしまいます。

では、なぜ「ゆがみ」は溜まり続けるのか?

既存の寝具では、一般的羽毛枕やストロー枕はもちろん、低反発や首のカーブに沿った最新の高級枕も、 頚椎を支えすぎてバランスをとるための「自然な 体の動き」を制限していることが分かったそうです。

ゴッドハンド整体師の作った『整体枕』で眠ると、身体のゆがみを楽にし、疲れの取れた心地よい目覚めが得られることに気がつくそうです。「なんだか身体が軽い」「首や 肩が少しスムーズに動くように感じる」など、一度眠っていただければ確かな実感を感じていただけますよ。



睡眠の質が改善すると、疲労回復・肥満防止・ストレス解消・肌質の改善・記憶の定着など色々な効果が期待できます。
もちろん、仕事のパフォーマンスも上がりますよね。

人生の1/3は布団の中。
睡眠の質を改善し、「ウィズコロナ」時代を快適に生き抜きましょう!

こんなサプリメント↓もあります。



【部屋の片づけ&小遣い稼ぎ】にBOOK OFFはいかが|コワーカーのLH#14

今をさかのぼる40年ほど前、大学を出るときに在学中に買い込んだ書籍を一気に古本屋に売ったことがある。

当時の学生街には存在感豊かな古本屋がたくさんあって、どの店でも偏屈な店主が暇そうに店番していたものだ。
持ち込まれた本についても、市場的な価値やら文化的価値、店主の趣味、好き嫌いを基準に一品一品きちんと品定めして値付けされていた。

モノによってはメモが書き込まれぼろぼろになった本でも、書籍としての価値があればそれなりの値付けをしてくれたもので、事実小生が集めた駄本もそれなりの値段がついたものだ。

なにせそのお金で、温泉に行った記憶があるくらいだから当時のお金で3万円くらいになったのではないか。

しかし今の時代、そんな昔気質の古本屋はどんどん姿を消しつつある。

変わって、様々なカテゴリーでいわゆる「大量買取・均一販売」のリサイクル業態が登場し、本の世界ではBOOK OFFがその代表格だろう。

かくいう小生も、「BOOK汚腐」などと揶揄しながらも、「いらっしゃいませ!」のこだまを聴きに定期的に足を運んでいる。

しかしながら、まだBOOK OFFに自分の書籍を売ったことはない。100円コーナーを中心に掘り出し物を物色し、100円本だけを買うことにしている偏屈ユーザーなのだ(BOOK OFFで100円以外の書籍を買うと、まんまと店の戦略に嵌ってしまうと信じている)。

BOOK OFFの買取は、本の外見(きれいかどうか?)と発刊時期(新しいかどうか?)だけを基準にした、いたってシンプルなものらしい。

だったら、新しい本を大切に読んだ読者さんの蔵書は、それだけ高く売れるということだ。
もちろん本だけでなくCDやゲームソフトも対象で、持込が難しいなら取りに来て貰えるらしい。

足の速い人気ゲームソフトは、楽しんだら人気があるうちに即刻売りさばくのがコツかも!

部屋の片づけになるしお小遣い稼ぎになるかも!



Somethin’ ELSEの書庫。BOOK OFFの100円コーナーからここに移動してきた駄本も多い。